自分のお子さんの生まれながらに持った能力について考えた事はあるでしょうか?

子供の成長と共に、「この分野には、自然な能力が感じられる。」などと、思われる事はないでしょうか。

その様な遺伝的な潜在能力を事前に知り、子供の持つ能力を最大限に引き伸ばす事が出来たら…。

その様に思っておられる親御さんに朗報です!

今の時代、お子さんの能力を遺伝子検査で調べる事が可能の様です。

今回は、子供の能力が分かると言われる遺伝子検査について調べてみました。

Sponsored Link

遺伝子検査で子供のどんな能力がわかるの?

Boy (18)
お子さんの遺伝子検査をする事で、どの様な能力が分かるのかが一番気になり、大切なポイントだと思います。

以下に、どの様な能力が分かるのかの一例をご紹介します。

 

学習・知能の潜在能力
―記憶力、理解力、注意力、思考力、頭の回転の速さ、想像力

心の知能指数、情動指数の潜在能力
―楽観性、社交性、執着力、勇気、探求的思考、内気、同情心、気質

絵画の潜在能力
―美的感覚、色彩感覚、注意力、関心の高さ、チャレンジ精神、執着力

音楽の潜在能力
―音楽センス、聴覚、記憶力、注意力、関心の高さ、チャレンジ精神、執着力

運動の潜在能力
―持久力、筋力、身体能力、スピード、瞬発力

ダンスの潜在能力
―持久力、筋力、身体能力、音楽センス、執着力、社交性、関心の高さ、チャレンジ精神

Sponsored Link

 遺伝子が子供の能力に与える影響ってどれくらい?

遺伝子を調べるのであれば、それがどのくらいの確率で子供の能力に影響しているのかを知るのは大切な事ですね。

そこで、『遺伝率』について調べましたので、参考にされて下さい。

血液型のABO式は全て遺伝ですから遺伝率は100%です。

身長や体重などの体格は遺伝性が高いとされ、80%から90%ぐらいと言われ、残りの10%から20%が環境の影響とされます。

性格的なものや男女の違いは遺伝が50%とされ、社会的な環境の影響が50%。
知能は、遺伝50%、家庭環境30%、社会的環境10%。
言語能力に関しては、家庭環境40%、 遺伝30%、社会環境30%。

遺伝性のあるものは幼少の頃よりも、年齢が上がるに連れて強く出てくるとされています。

 

遺伝子検査の方法は?小さな子供でも大丈夫?

boy (19)

遺伝子検査は、自宅で簡単に出来、小さいお子さんでも安心して行う事が可能なようです。

以下に、検査方法とその流れをご紹介します。

 

① 子供の能力について、知りたいコースを選んぶ。

② 朝一番の歯磨きの前に口をすすいでから、検査用の綿棒で両頬の内側を30〜40回ほど擦り細胞を採取して郵送する。

③ 1ヶ月から2ヵ月後に、 鑑定結果と専門家による子育てのアドバイスが送られる。

 

 

遺伝子検査を受けるのは何歳くらいまでがいいの?

Girl (12)
遺伝子検査を受けるのに年齢制限はなく、0歳からでも可能の様です。

しかし、遺伝子検査をお子さんの子育てに役立てたいとお考えならば、小学校5年生ぐらいまでに検査されるのが、将来のお子さんの進む方向性や可能性を広げられると言う点ではおすすめされます。

最後に

お子さんのためを考えてお受けになった遺伝子検査ではあっても、その結果に振舞わされるのは考え物だと思います。

あくまで、これからの子育ての参考に、と考える程度にされて、お子さんの人格や主体性を無視されるような事は避けて下さいね。

検査を受ける前に、その意義をしっかりお考えになり、軽はずみな気持ちで受ける事がない様にされる事が大切ではないでしょうか。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら