遺伝学の発展に伴い、医療のみでなくダイエットにまで遺伝子検査が広く利用されるようになって来ています。

そもそも肥満遺伝子とは?と思われる方も多いと思います。
この肥満遺伝子は、食べたものを体脂肪に変えやすくし、体内に蓄積しやすくする遺伝子のことを指します。

自分の肥満遺伝子を検査することで、一番効率的に痩せる生活習慣、食生活、運動法を知ることが可能となります。

今回は、その肥満遺伝子検査でのダイエットについてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

肥満遺伝子検査を受けることでダイエットできるの?

肥満やを引き起こす原因には、生活環境や食習慣なども大きな要因ですが、遺伝子の影響も同じくらいの要因となっているようです。

同じダイエットを試しても、その効果に差が出てしまうのは、生活環境などの他、体質、肥満に関わる遺伝子が一人一人違う為とされています。

肥満関連遺伝子検査では、基礎代謝量との関係が報告されている3つの肥満関連遺伝子β3-AR、UCP1、β2-ARを調べると、自分がどのようなタイプの体質を遺伝的に保持しているのかが分かります。

DNA (2)

自分がどのようなタイプの肥満になりやすいのかを知れば、そのタイプにあったダイエット方法を用いる事が出来、効率よく痩せる事が可能となる様です。

Sponsored Link

病院で受ける遺伝子検査とは?費用は?

個人の体質に合わせたオーダーメイドの肥満治療のために、肥満遺伝子検査は有効とされています。

病院により違いはありますが、肥満遺伝子検査を行い、カウンセリングを通して、体質に合ったきめこまやかな食事、運動指導を取り入れているところが多いようです。

docter-woman

{検査の流れ}

① 綿棒で頬の内側の細胞を採取します。
― 生活習慣(食生活、食習慣、嗜好品、運動など)のチェック。
― 肥満遺伝子分析同意書

② 数日後、個人の体質に合わせたダイエット法の検査結果が報告されます。
―栄養分析書
―肥満遺伝子分析報告書

③ 医師の指導により、検査結果に基づいた、最も効率のよいダイエット法を具体的に説明してもらえます。

通常、検査結果は約1週間から10日程で分かります。

費用の方はお受けになる医療機関で違いがありますが、目安として、約6千円から1万円ほどとなる様です。

自宅でできる遺伝子検査キットとは?費用は?

肥満遺伝子検査には多くの会社が進出して来ています。
遺伝子検査をご自宅でお考えの方は、まず会社の信頼性を調べる事も大切です。

Woman (6)

郵送での遺伝子検査キットには口腔粘膜用と爪専用のキットがある様です。
口腔粘膜用の方は、専用の綿棒で頬の内側をこするだけとなっています。

ご自分の生活環境に適した方法を選択出来るのは嬉しい点ではないでしょうか。

次に生活習慣や食習慣についての質問事項の用紙に記入して、先に使用した綿棒などと一緒に投函するだけのようです。

結果は約2週間後には届くようです。

費用の方は約6千円ほどのようですが、その後にサプリメントの提案などで、費用が大きくなる可能性もありますので、検査を受けられる前にしっかり調べておいて下さいね。

肥満遺伝子検査ダイエットの効果は?

肥満に関係する遺伝子を保持する人が実際に肥満になるかどうかは、普段の生活習慣も大きく関係しています。

Diet (2)

早い段階で自分のやせにくい体質を遺伝子検査で知っておけば、 たとえ肥満に関係する遺伝子を保持していたとしても、やせるための対策を早めにとることが可能ですので、ダイエットの効果は期待されるようです。

最後に

ダイエットの方法は多くありますので、流行に乗ったダイエット法で苦い思いをされた方もいらっしゃると思います。

今回ご紹介した方法は、体重を落とす以前の段階から一人一人の体質に合ったアドバイスが貰える点では、画期的なダイエット法と言えるのではないでしょうか。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら