brain1

大脳の中心に位置する頭頂葉は、他の前頭葉側頭葉後頭葉、全てと隣接する部位でもあります。

今回はこの頭頂葉について、どんな機能があるのか?障害を受けた時にどんな症状が現れるのか?について、詳しくご説明したいと思います。

Sponsored Link

頭頂葉とは?

頭頂葉は、端は中心溝、頭頂後頭溝、Sylvius裂に位置する場所にある、大脳の他の領域である前頭葉や側頭葉、後頭葉に隣接する部位です。

その頭頂葉は、体性感覚野である一次体性感覚野・二次体性感覚野に、頭頂連合野である上頭頂小葉・下頭頂小葉に分けられ、更に、上頭頂小葉は体性感覚連合野に、下頭頂小葉は縁上回・角回に分類されます。

brain

医師
分かりやすくまとめると、このような分類になります。
体性感覚野 一次体性感覚野
二次体性感覚野
頭頂連合野  上頭頂小葉 体性感覚連合野
  下頭頂小葉 縁上回
角回

 

関連記事)【まとめ】大脳皮質とは?機能や障害された時の起こりうる症状

頭頂葉の機能は?

頭頂葉は身体の各部位の体性感覚や、他の感覚との統合、認知に関わる領域です。しかし、頭頂葉の機能は複雑で、様々な働きを担っています。

  • 体性感覚
  • 刺激感覚
  • 空間認識
  • 立体認識
  • 物体認識
  • 読み書きや計算認識

これらすべての機能が、頭頂葉による働きによって認識されています。しかし、細かく分けると部位別にその働きが異なります。

brain

医師
上記でご説明した部位別に機能をご説明します。

一次性感覚野

対側の身体各部の体性感覚に関わる働きをします。

二次性感覚野

一次体性感覚野や視床からの感覚刺激を受け取る働きをします。

体性感覚連合野

一次性感覚野から感覚情報を受け取ります。その感覚情報を統合し、空間の認知や物の識別などを行い、立体視や空間感覚にも関わる働きをします。

縁上回

体性感覚連合野から、感覚情報や視覚情報受け取り、物体を認識する機能があります。

角回

後頭葉から言語に関する視覚情報受け取り、読み書きや計算などに関与する働きをします。

Sponsored Link

頭頂葉が障害を受けた際に起こりうる症状は?

医師
上記でご説明した働きが障害されることにより、以下のような症状が起こります。
  • 半側空間無視
  • 身体失認
  • 着衣失行
  • 失読失書
  • 失算
  • Gerstmann症候群(ゲルストマン)
  • 構成失行
  • 観念性失行
  • 観念運動性失行
  • 肢節運動失行・・・など
医師
症状を詳しくご説明すると、以下のような感じです。
半側空間無視 自分の体の半分を認識できず、認識できない半分を使おうとしない。
身体失認 触られているのは分かるものの、その部分を指示できない。
着衣失行 服の脱ぎ着がうまく出来なくなる。
失読失書 今まで書けていた文字を読めない。書けない。
失算 計算が出来なくなる。
Gerstmann症候群 失読・失書・失算もこれに含まれますが、手指や左右なども認識できなくなる。
構成失行 三次元の構成ができず、模写や全体的な形の把握ができなくなる。
観念性失行 日常の一連の動作ができなくなる。手順が分からなくなる。
観念運動性失行 指示された動きができなくなる。
肢節運動失行 手(指先)を使った、細かい作業ができなくなる。

 

これらの症状は、衝撃を受けた側に応じて、対側の片側のみ、もしくは両側に出現します。

最後に

  • 大脳の他の領域に隣接する、脳の中心部に頭頂葉はある
  • 頭頂葉は、一次体性感覚野・二次体性感覚野・体性感覚連合野・縁上回・角回に分類される
  • 体性感覚・刺激感覚・空間認識・立体認識・物体認識・読み書きや計算認識機能がある
  • 頭頂葉の持つ機能が障害され、認識や今まで出来ていたことが出来なくなる

 

頭頂葉が障害されると、その障害の進行に伴い、症状は徐々に悪化し、「最近、物忘れが多い」と言った症状から、今まで行っていた日常動作ができなくなり、記憶が消えゆくような症状が出現していきます。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら