occipital-lobe

頭の後ろ部分、後頭部に位置する後頭葉は転倒や事故等によっても衝撃を受けやすい部位でもあります。では、そんな後頭葉にはどんな働きがあり、衝撃を受けた際どんな症状が現れるのでしょう?

今回は、後頭葉について詳しくお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

後頭葉とは?

脳は、前頭葉頭頂葉側頭葉・後頭葉の4つの葉(領域)に分かれていますが、後頭葉は、その最も後下方に位置する部分で、後頭後頭溝の境界は不明瞭です。

occipital-lobe

後頭葉は、一次視覚野(V1)から五次視覚野(V5)に分類されます。V2~V5はV1の前方にあり、合わせて視覚前野とも呼ばれます。

occipital-lobe

関連記事

後頭葉の働きとは?

後頭葉には、一次視覚野と視覚前野(視覚連合野)があり、色や形情報など、視覚とその認識に関与します。

occipital-lobe

視覚情報として、網膜から入った情報は視神経へ伝わり、外側膝状体から視放線へ、そしてV1、V2へ伝わった後、「Where」と「What」に分かれます。

「Where」では、背側視覚路にて、V3領域にて奥行きや位置など、V5領域にて動きとして、頭頂連合野にその情報が伝わり、遠くにいるな(距離感)、右から左へ向かっているなという理解につながります。

「What」では、腹側視覚路にて、V4領域にて色や形など、側頭連合野へ伝わり、赤い車だなという理解につながります。

occipital-lobe

医師
一次視覚野と視覚前野とに分けてご説明します。

一次視覚野

視覚情報から色や形、動きなどの情報を抽出し、高次の視覚野へと送る働きがあります。

視覚前野

一次視覚野からの情報を処理し、それらを統合し、物体の認識や空間認知を行う働きがあります。

Sponsored Link

後頭葉に障害を受けた際に起こりうる症状とは?

症状は、見えていないのに「見えてる」と主張するAnton症候群や、見えているのに認識できない視覚前野の障害で起こる症状とに分けられます。

医師
Anton症候群と視覚前野とに分けてご説明します。

Anton症候群

見えていないのにもかかわらず、「見えている」かのような錯覚をし、そう主張するような現象が出ることもあり、それをAnton症候群と言います。

しかし、両側の一次視覚野が広汎に障害されると、完全な盲(皮質盲)となります。

極めて稀ではありますが、見えていないのに見えると同様に、両側の今日は障害により皮質聾(ひしつろう)担った患者が、ろうを否認することがあり、これも同様にAntone症候群に含まれます。

視覚前野の障害

視覚前野の障害によって、物体認識・相貌失認・色彩失認・視覚性運動盲症状が現れます。これらは、側頭連合野や頭頂連合野の障害によっても見られます。

医師
物体認識・相貌失認・色彩失認・視覚性運動盲について分けてご説明します。
物体認識

見ただけでは、それが何であるのか分からないが、視覚以外の感覚を使えば分かる。

相貌失認

身近な人や、よく知っている人であるにも関わらず、顔を識別できなくなる症状が現れます。しかし、声を聞けば分かることもあります。

色彩失認

色を識別できず、全てモノクロ状態でしか見ることが出来なくなります。これは主にV4の障害で生じます。

視覚性運動盲

いているものを認識出来ず、見えているものが静止画として見えます。紙芝居のようなコマ送りのように見え、主にV5領域が障害されたことによって生じます。

もっと遠くにいると思っていたものが、突然目の前に現れたように見えてしまう症状です。

医師
後頭部を強打し、衝撃を受けた時に、目の前に火花が飛ぶような光景が見えるのは、一時的な視覚障害なのです。

最後に

  • 後頭葉は、最も大脳の後下方に位置する部分
  • V1~V5領域に分けられる
  • 視覚とその認識に関与する
  • Anton症候群や視覚前野の障害症状が現れる

 

眼球に直接の損傷がなくても発生する視覚形成の症状、まずは眼の障害を疑うことも多く、鑑別には視覚だけでなく、認識機能の異変を感じるかどうかです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら