腫瘍マーカーの一つであるSTNはどのようながんで数値が上昇するのか、また、そもそもSTNとは何なのかについてまとめました。

Sponsored Link

STNとは?

まず読み方はそのまま、エスティーエヌです。シリアルTn抗原精密検査とも呼ばれます。

母核糖鎖抗原で、ヒツジの顎下腺のムチンを抗原として作成されたモノクローナル抗体クローンTKH2抗体により認識されます。

ヒトの正常組織にも認められ、血管内皮細胞や精巣、胃や大腸の細胞で認められます。

Woman (7)

STNの正常値は?

STNの正常値は45.0U/ml以下です。

Sponsored Link

STNが異常値をきたす病気は?

  • 卵巣がん、特に腹水が貯留している場合
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 膵臓がん
  • 稀に良性の卵巣腫瘍
  • 稀に胆石症

特に有名なのが卵巣がんです。良性の卵巣腫瘍でもこのSTNが上がることがあるので注意が必要ですが、基本的に非常に稀であり、この腫瘍マーカーの上昇は卵巣腫瘍が悪性であることを強く示唆します。

卵巣癌でも特に腹水が溜まっている場合に、陽性率が高くなります。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

STNが高値を示している場合の次の検査は?

卵巣腫瘍の確認が必要となりますので、婦人科を受診した上で、各種画像検査、つまり、腹部エコー検査、腹部造影CT、MRIといった検査を受けて、詳しく検査をする必要があります。

特に卵巣や子宮などの女性骨盤臓器は、MRIが空間分解能も高く有用とされています。

場合によっては、FDG-PETなどで転移などの確認をすることもあります。

各種画像検査で悪性の可能性が高いと判断された場合は、病期に応じて手術になることもあります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら