頭部外傷により頭蓋内に出血が起こると、脳ヘルニアが起こり、最悪死に至ることがあります。その原因の一つに、急性硬膜外血腫(AEDH:acute epidural hematoma)という病態があります。

今回はこの急性硬膜外血腫について

  • 症状
  • CT画像診断
  • 治療法

についてイラストや実際の症例を交えながらわかりやすく解説したいと思います。

Sponsored Link

急性硬膜外血腫とは?

acute-epidural-hematoma1

まず、頭部打撲などにより多くは頭蓋骨に骨折をきたし中硬膜動脈の破綻により頭蓋骨と硬膜の間に出血が起こるのが、急性硬膜外血腫です。

この硬膜は頭蓋骨と比較的密にくっついており、血腫は広がりにくい・縫合線を超えないのが特徴です。

破綻する血管は中硬膜動脈が最多ですが、他には、板間静脈、上矢状静脈洞、横静脈洞などが破綻することもあります。

急性硬膜外血腫の症状は?

医師
一時的な意識回復(意識清明期)が見られることがある症状経過が特徴的です。
  • ①意識混濁→②一旦意識回復(数分〜数時間)→③再度意識混濁

という経過をとることがあるのがこの病態の特徴です。

①意識混濁

外傷を受けた直後は、意識混濁となります。

②一旦意識回復(数分〜数時間)

その後、数分から数時間の間、一旦意識は回復する(これを意識清明期(lucid interval)という。)ことがあります。この意識清明期(lucid interval)が見られるのは全体の急性硬膜外血腫のうち15-60%程度と言われています。

③再度意識混濁

そしてその後、再度意識混濁に陥ります。その際血腫が大きくなったり、広がれば脳ヘルニアが起こり、

  • 瞳孔不同
  • 除脳硬直
  • 呼吸抑制

などの脳ヘルニア症状が現れます。(脳ヘルニアについて詳しくはこちら→【保存版】脳ヘルニアの分類、症状、画像診断、治療法の徹底まとめ)

更に頭蓋内圧亢進症状として

  • 頭痛
  • 嘔吐

症状が現れることもあります。その他、血腫の対側に片麻痺を生じ、最終的には心肺停止となり死に至ることも多くあります。

Sponsored Link

急性硬膜外血腫のCT画像診断は?

急性硬膜外血腫の診断には頭部CT検査が第一選択となります。

その際、急性硬膜外血腫の特徴としては外傷を受けた部位に一致した凸レンズ型の高吸収域を認めることが多いと言われます。

doc1-acute-epidural-hematoma

ただし、硬膜下血腫においても凸レンズ型を示すことがありますので、形ばかりで診断してはいけません。

また骨の条件にして骨折の有無を確認します。

医師
それでは実際の症例のCT画像を見ていきましょう。
症例 50歳代男性 外傷 CT検査
横断像

acute-epidural-hematoma3

左側に凸レンズ型の高吸収(白い)を示す血腫があるのがわかります。また、脳溝に沿った高吸収域も認められ外傷性くも膜下出血も合併していることがわかります。さらには脳内に点々のSalt and pepper状の高吸収域も認められ脳挫傷(脳内出血)の合併もあります。

冠状断像

acute-epidural-hematoma4

この症例を冠状断像で見てみると、凸レンズの形態がわかりやすくなります。また骨条件にすると骨折線を伴っていることがよくわかります。

つまりこの症例では、急性硬膜外血腫(+頭蓋骨骨折)+脳挫傷+外傷性くも膜下出血があると診断することができます。脳ヘルニア所見は認めません。

医師
骨折を探すときは骨条件にしないと全然わからないですね。

Sponsored Link

症例 40歳代男性 外傷 CT検査

acute-epidural-hematoma5

右の前頭部にこちらも凸レンズ型の形状を示す高吸収域を認めています。さらに辺縁には空気を示す低吸収域を認めており、骨折をして空気が入ったことが示唆されます。またこの症例では、正中構造の偏位を認めています。

骨条件で見てみると、

acute-epidural-hematoma6

やはり骨折を伴っていることがわかります。

Sponsored Link

急性硬膜外血腫の治療法は?

医師
治療は時間との戦いです。

脳ヘルニアが起こる前に、早急に外科的手術を行い開頭術にて血腫の除去や止血を行えば、回復が見込めます。この手術の基準となる目安が血腫が厚み1~2cm以上かどうかという点です。

hp doc2

血腫が少量の場合は、自然吸収も見込めるためです。その際の症状が関係しますが、頭痛や嘔吐といった軽い症状だけの場合は入院し安静にしたうえで点滴治療を行うことで経過観察する場合もあります。

ですが、脳ヘルニアが進行し一時呼吸停止となった場合、脳幹機能が失われ手術の危険は更に高くなり、例え血腫を除去できた場合でも最悪の場合死に至り、助かった場合でも後遺症や意識障害が残ることもあります。

最後に

  • 頭部外傷が原因で、頭蓋骨と硬膜に間に出血が起こる
  • 意識混濁→意識回復→意識混濁と陥る
  • 頭痛や嘔吐、脳ヘルニア症状、頭蓋内圧亢進症状、対側に片麻痺、最終的には呼吸停止となる
  • 診断にはCT検査が必須
  • 通常凸レンズ型の高吸収域を認める
  • 血腫除去、止血術を早急に行う
  • 時間の経過と共に命の危険が高まる

 

とにかく時間との勝負で、早急に治療する必要があります。一旦意識回復したからといって油断してしまい、大丈夫と思っていたら、数分〜数時間後に急変ということがしばしばあります。

頭部外傷の場合は、目に見えない間に症状が脳内で進行してることもしばしばあるため、頭部CT検査を行うことが重要です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら