侮ってはいけない身体計測

身体計測では、特に、肥満度、BMIが重要です。BMIとはbody mass indexの略で、

BMI = 体重(kg) ÷ (身長(m)×身長(m))の値です。

つまり例えば、身長160cmで体重が60kgならば、BMI = 60 ÷ (1.60×1.60) = 23.43となります。

このBMIの値により、肥満度を以下のように判定できます(日本肥満学会基準)。

18.5未満 低体重
18.5以上25未満 普通体重
25以上30未満 肥満1度
30以上35未満 肥満2度
35以上40未満 肥満3度
40以上 肥満4度

肥満になれば、血液中の脂質が増加し、動脈硬化などの原因となり、狭心症や心筋梗塞といった心疾患や、脳梗塞や脳出血などの脳卒中の原因にもなります。BMI25以上は肥満であり、例えば肥満度が2度だからまだ大丈夫だと思ってはいけません。

ただし、同じBMI値であっても腹囲や内臓脂肪が必ずしも多いとは限りません。常に筋トレをしている人だと筋肉量が多くなりますので、当然内臓脂肪が少なくてもBMI値は高くなります。height

肥満症の定義

そこで、日本肥満学会では、BMIが25以上で、かつ

CTで測定した内臓脂肪面積が≧100c㎡
または、
肥満関連疾患と呼ばれる耐糖能障害、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、月経異常及び妊娠合併症、睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群、整形外科的疾患、肥満関連腎臓病の11のいずれかに該当する場合。

ウエスト周囲長が男性で82~86 cm(85 cm)以上、女性で 79~83 cm(80 cm)以上
または、
肥満関連代謝性疾患である耐糖能障害、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、肥満関連腎臓病の8つのいずれかに該当する場合。

のいずれかを肥満症と定義する傾向にあります。

つまり、身長と体重で算出されるBMIの値と内臓脂肪もしくはウエスト周囲長で肥満症が定義されるということです。(肥満関連疾患を有する場合は、内臓脂肪やウエスト周囲長は問わない)

[illust_bubble subhead=”ところで、内臓脂肪って” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]どうやって測るんですか??[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”腹部のCT検査です。” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]CT検査から専用の解析ソフトを使って計算します。[/illust_bubble]

元の腹部CT画像

visceral fat

解析ソフトを使用すると内臓脂肪が赤く表示される

visceral fat2

解析結果

visceral fat3 visceral fat4

体重を減らすと動脈硬化などのリスクが減る

また、肥満症の治療ガイドラインでは、3%の体重減少で耐糖能異常、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症、肝機能障害の改善が見られたと報告されています。

小学生の頃から、何となく測定している身長と体重から、BMI値は算出され、それに腹囲の長さや内臓脂肪から、生活習慣病へのなりやすさがわかるのです。当然、肥満症ではリスクが高くなります。ぽこっと出たお腹はリスクなのです。